微生物科学研究の成果は幅広く産業に波及しています。 このような微生物科学研究の広範性を支えているのは微生物機能の多様性です。

本研究部門では新たな発見を目指し、有用な微生物機能を多様性の中から探索する事を基盤に、微生物機能の解析・応用を通して、循環型社会形成・環境保全・健康増進の観点から社会に貢献しうる独創的な新技術を開発する事を目的としています。

 

微生物科学寄附研究部門の概要

 

研究概要のフローチャート

 

新規微生物機能の探索を基盤とした環境保全技術の開発

1. 有用微生物の環境ストレス応答機構の解明と食品・環境分野への応用

  産業酵母における環境ストレス応答機構の解明と分子育種 

 

  ストレス耐性酵母の製パン・醸造等の食品分野への応用

 

  ストレス耐性酵母のバイオエタノール製造等の環境分野への応用

 

2. 微生物の探索を基盤とする微生物の潜在機能の開拓

  酵母・乳酸菌等の有用微生物の探索・育種と産業への利用

 

  微生物油脂の大量生産を想定した脂質分泌メカニズムの解析と新規油糧微生物の収集

 

  植物生育促進に必要な有機物の硝化に関わる微生物叢の遷移解析